人生順調なのに、なにをしても満たされない。虚しい。なんでだろう。

donburako/ 9月 6, 2017/ 人生論/ 0 comments

スポンサードリンク

 

どうも~どんぶらこ太郎です。

最近よく、毎日がなんとなく満たされていないなぁと感じることがあります。

最近?

いや、違いますね。もうずっとずっと昔から。

大学生か、下手したらそれより前からか。

いつからこんな気持ちを抱えて日々を生きてきたのか思い出せないくらい、ずーっと昔から。

なんでかわからないので、ブログで考えてみようと思います。

なに不自由ない、順調な人生

私が生まれ育った家庭は、かなり裕福なほうだったと思います。

父は会社の社長(小さな会社ですけど)、母は専業主婦。

ふたつ上に姉がいます。

 

小さいころから父親にはこう言われて育てられてきました。
「お金の心配はするな。お前のやりたいことをやれ。」

高校生のころ、バイトをしたいと思って父親に相談したら
「なんでそんなことする必要があるんだ?お金が必要ならだす」って言われたのを今でも覚えています。

社会経験として、べつにしたっていいやん!!!って思うんですが、そんな感じの父親でした。

母は母で、自分の好きなようにすればいい、というような人だったので、社会にでるまで一切の苦労はありませんでした。

 

私立の大学に行き、上場企業に就職し、望んだとおりの転職をし、いまでは婚約相手までいます。

ハタから見たら、いえ、私から見ても、順調このうえない人生です。

苦労せず好きなことをしても、満たされない?

それまでお金には苦労しませんでしたからね、基本的に、自分の好きなように生きてきました。旅に行きたいと思えば行けたし、留学したいと思えばさせてもらえた。

自分の好きなこと、やりたいと思った気持ちのままに、生きてきた。

けどそれは、親の援助があって成り立っていた。

自分でももちろんバイトくらいしました。

でも毎月多めに生活費を振り込んでくれていたし、何かの出費で預金残高が減るやいなや、なにも言わず気づいたらお金が入っていました。

そう、ようは、ボンボンのおぼっちゃまだったんですね。

それは当時の自分もわかっていたはずですが、親の援助を断ち切って、自ら稼いで生きて行く、と決心できるほど強くありませんでした。

親のスネをかじれるならかじっちゃえ。
そんな弱い自分がいました。

だからなのか。

苦労せずに好きなように生きてきたから、満たされないのか。

結局、自分で人生を切り開いてこなかっただけなのでは

好きなように生きてきた。

一見、自分の人生を生きてきたように思えます。

けど、結局は、違ったのかもしれません。

軸もなく、流されるように生きてきた。

なんとなく流れにのってきて、たまたま運良く、いろいろな物事が良い方向に進んだ。

ただそれだけなのかもしれません。

なんとなく流されているから、毎日もなんとなく過ぎていく。

だから虚しくなる。

やりたいことのために、身を削って踏ん張った経験があまりに乏しい。

自ら掴んだ流れがほとんどない。

だからなのか。

わからない。

 

けどこうやって書いていて、

「自分の人生に対して、受け身だったのではないか?」

と問いかけると、目をそらしたくなる自分がいる。

 

「主体的に生きる」

言葉でいうのは簡単だけど、実行するのは難しい。

本当に「主体的に生きたい」と思っているのか?

ここまで書いておいてなんですが、本当に主体的に生きたいのだろうか?

本当は心のどこかで、「楽して生きたい」と思っていないか?

毎日をなんとなくすごして、誰も傷つけず、自分も傷つかず、波風立たない日々に本当は満足しているのではないか?

わからない。

楽したいという自分もいる。

もっと満たされたいという自分もいる。

両方が今の自分だ。

「苦労しないと満たされない」というのは、単なる呪縛なのだろうか?

「楽しながら満たされる」ということはないのだろうか?

わからない。

この歳になって、まだそんなことで悩んでいる。

まあきっと、一生悩み続けるんだろうけど。

「どう生きたい?」「どうありたい?」

とりあえず、これを問い続けるしかなさそうです。

スポンサードリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA