新卒が環境を理由に会社を辞めるのはいけないことなのか?

donburako/ 11月 22, 2017/ 人生論, 仕事/ 0 comments

スポンサードリンク

こんにちは!入社1年半で会社を辞めた経験のある、りゅっぴー(@donburakotaro)です。

先日、このような記事を見かけました。

この記事で、このようなことが書かれています。

自分を変えずに環境だけ変えようとする人は、あらゆることを環境や周りのせいにしがちなので、転職をしてもまた同じ理由で辞めてしまい、離職を短期間で繰り返す傾向があります。

 

短期離職者に共通する理由として、「周りや環境が合わないから」というのが挙げられるそうです。記事では、環境のせいにするのではなく、自分を変えることが必要と書かれています。果たして本当にそうなのでしょうか?

私は、必ずしもそうとは思いません。

自分を変える必要があるほどの環境なのか?

わかりやすく、例えばブラック企業に勤めていたとします。毎晩残業続き、手当も出ないくせに上司からはこき使われる…。そういう劣悪な環境にいるのに、「悪いのは環境じゃない、自分だ」なんて思っていたら、病んでしまいますよね?こんな会社なら、とっとと環境を変えるほうがいいに決まってます。

逆に、ホワイト企業で志望通りの会社に就職できたとします。でも、配属された部署が希望とは違った。それで「やりたいことがやれない、環境を変えたい」と思うのは、確かに少し踏みとどまってみてもいいと思います。自分の考え方を変えれば、今の環境も将来のやりたいことに役立つと思えるようになるかもしれません。

なのでまずはこの問いについて、考えてみる必要があると思います。

 

自分のせいか?環境のせいか?は考えすぎないほうがいい

これはどこで線引きするかの話なので、考えたからって必ずしも答えが出るものではありません。ある人からしてみれば、「それはお前が悪い!」となるかもしれませんし、他の人からしてみれば「それは環境が悪い!」となるかもしれません。

だから、考えるのはちょっとでいいと思います。休みの日1日使って考えるとか、そのくらいじゃないでしょうか。ちょっと考えてみて、自分が感じた方向に進めばいいのです。

そりゃあどんな環境の会社であっても、根気強く働き続けることで得られるものはなにかしらあるでしょう。でも本心が環境を変えたいと思っているなら、変えるべきです。自分を騙してまで、自分が悪いと思う必要はありません。

 

どんどん環境のせいにしたらいい

語弊があると困るのですが、基本的には、合わないと思ったらすぐに環境を変えていいと思っています。もちろん、先にも書いた通り内省は必要です。けど敢えてこういうのは、日本の企業って未だに昭和的な価値観に支配されていると感じるからです。下積みを重ねることが美徳、みたいな。

そんなことないです。合わない環境で無理して自分を騙して働き続けても、いいことありません。日本においては、もっと環境のせいにする人が多くてもいいと思っています。世間は「自分が変わる必要がある」と言うかもしれませんが、そんなこといったら逆に「では会社は変わる努力をしているのか?」って思いませんか?果たして会社は労働環境を定期的にウォッチして、改善できているのでしょうか?なのである意味、お互い様だと思います。

 

私は環境のせいにして転職して、正解でした

私は新卒1年半で会社を辞めました。理由は、「仕事が楽しくなかったから」です。こんなこと言ったらきっと世間様は、「楽しいかどうかは自分次第だ」と言って怒るでしょう。なので私は、完全に環境のせいにして転職したタイプだと思っています。

けど転職してどうだったでしょう?

私の人生に影響を与える出会いがたくさんありました。もちろん良い方向にです。馬との出会いた、妻との出会い。これらはどう考えても、前職を環境のせいにして辞め、より良い環境を探したことで出会ったものです。

環境のせいにする人は、また同じ理由ですぐに辞めてしまう?そんなことないです。私はかたちの上では転職先を1年半で辞めることになりましたが、それはグループ企業内の異動のようなものでした。今も変わらず馬の仕事をしています。もう2年以上経ちます。そしてこれからもずっと関わり続けたいと思っています。

 

さいごに

世間はとやかく言うかもしれません。けれど、自分の人生に責任を持てるのは自分だけです。だから、自分が納得する決断をする、それだけです。

世間はそういう意味では、とても無責任ですからね。なので私がこう言っているのも無責任っちゃ無責任です。

あまり他人の意見に惑わされず、自分の心の声に素直に従って、納得のいく決断をされることを願っています。

ツイッターでもいろいろつぶやいてます。よければフォローお願いします!

スポンサードリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA