【結婚】いよいよ、明日。入籍します!<前夜の心境>

donburako/ 9月 17, 2017/ 新婚生活/ 0 comments

スポンサードリンク

こんにちは。どんぶらこ太郎です。

最近、肌寒くなってきましたね。北海道は、もはや「寒い」です。
そんななか、ホットな話題をお届けしたいと思います。

2017年9月18日(月・祝)
ついに、入籍いたします!!!

 

わたくしごとですみません笑。いよいよ、この日がやってまいりました。

半年前、いまの相手と付き合ってすらいなかったことを考えると、だれがこの事態を予想できたでしょうか!?本当に人生どうなるかわからないものです。

せっかくなので、いまの心境を綴ってみたいと思います。

とりあえず、実感ない。

いやぁ、まず感想としてでてくるのは

実感ない。

 

これに尽きますね!笑

びっくりするくらい、まったく実感がないんですけど、結婚ってこんなにアッサリしているものなのでしょうか…諸先輩方のみなさんは、どうだったのでしょう?

もしかしたら、私がスピード婚だった、ということも関係しているのでしょうか。(「付き合って2ヶ月でプロポーズ、スピード婚してみてわかったこと」)

まあ、入籍といっても、紙っぺらを役場に提出する儀式なだけですし(ごめんなさい)、それでなにが変わるというわけではないですもんね。

マリッジブルーなにそれ

たまに「マリッジブルーになる?」と聞かれることがあります。

マリッジブルーとは、結婚を控えた人が間近に迫った結婚生活に突然不安や憂鬱を覚える、精神的な症状の総称である。/Wikipedia

なるほどなるほど。未来へのプレッシャーに押しつぶされそうな心境なんですね。

どんぶらこ太郎
ってかマリッジブルーって男もなるの?

男の人も結構なるみたいですね。ちゃんと家族を養えるか、パートナーとうまくやっていけるか、など。マジメな人ほどなりやすいという印象でしょうか。

 

私ですか?私はというと…

 

皆無

 

 

です。ちーん。

いや、マリッジブルーにならないに越したことはないと思うんですが。ですけど、たまにこう思います。

どんぶらこ太郎
自分が結婚するってこと、本当にわかってるのか…?

まあ、生来「どうにかなるでしょ精神」で楽観的に生きてきたので、

どんぶらこ太郎
結婚もどうにかなるっしょー。稼ぎ?むしろ稼ぎ口増えるから楽になるっしょー。

くらいの感じなのかもしれません。笑(※奥さんのヒモになろうと思っているわけではありません)

稼ぎについては時代の変化もあるのでしょうか。むかしのように「男が稼いで一家を養う」というロールモデルは変わってきているのだと思います。なので個人的には、経済的な問題はあまり気にしなくていいのではなんて思います。

ちなみに、お金が理由で結婚ができない・不安を抱えているという方には、この本をオススメします。

オススメ本

 

↑「お金がない人ほど結婚すべき」「結婚するのはセーフティネットのため」といったようなことが書かれています

もちろん不安がないわけではありません

とはいえ、まったく不安がないかといえばウソになるでしょう。マリッジブルーも程度の問題で、まったくのゼロではないかもしれません。

お金の問題にしたって、私のいまの肩書きは「地域おこし協力隊」であり、「役場の臨時職員」であり、「期限付きの雇用者」なわけです。

どんぶらこ太郎
2年後にはプータローかも…

まあただ、どうにかなるとは思っていますけど!

パートナーとうまくやっていけるかだって、わかりませんしね。私なんて、2ヶ月しか付き合ってませんからね。もちろん、長い交際期間を経たからといって、うまくやっていけるなんて保証はありませんが。

結婚って、重く暗く考えられすぎでは?

※はじめに断っておきますが、別に気軽な気持ちで結婚決めたわけではないですよ

いや、わかります。わかりますよ。結婚。人生の一大イベント。
重く、慎重に考えないほうがおかしいと思います。だから不安に、暗くなりがちなのもわかります。

けど。けどけどけど!けどですね。

どんぶらこ太郎
もうちょっと、気楽に楽しくかんがえてもいいんじゃ…!

といいたい!笑

まず、「お試しで」とまではいいませんが、「アナタの人生を決める数ある選択肢のうちのひとつ」くらいに思っておけばいいのではないかと。あくまで「選択肢のひとつ」。

結婚すれば生活環境はガラッと180°変わると思いますし、選択肢のひとつにしては影響はデカイでしょうが、別に結婚で人生すべてが決まるわけではありませんよね。

どんぶらこ太郎
結婚しようとしまいと、自分が自分のままでいられることが大事なのでは!

私の場合、パートナーとは、お互いが依存しすぎず自立して生きていけると思ったことが決め手のひとつなのですが、それは、「変わらず自分の人生を歩んでいける。それに並走してくれる仲間が加わっただけ」と考えられたからでもあります。

ドライですが、夫婦とはいえ、どこまでも「他人」であり「別々に存在する個人」なんだと思います。そういう前提に立ってしまえば、結婚とは「呪縛」ではなくむしろアナタの人生を加速してくれる「エンジン」になるのではと。

 

あとは、逆に「結婚して自分がどう変わっていくか」を想像するのって、楽しくないですか?そういう柔軟性をもてると結婚は楽になるのかなと。

どんぶらこ太郎
家事とか意外な才能にめざめていったりして…

一見矛盾するようですが、「結婚しても自分は自分」であることと、「結婚したら未知の自分に出会える」という両端の視点をもてれば、だいぶ結婚に対するハードルがさがるのかなぁなんて思います。

どうでしょう?ちょっと結婚が楽しそうに思えてきましたかね?笑 ネガティブイメージが先行してしまいがちですが、ポジティブな要素もたくさんあります!

それにイマドキ、離婚も珍しくないですからね。事実婚というかたちもありますし。結婚がうまくいかなくてもそのときはそのとき!「死ぬこと以外はかすり傷」精神です!

とりあえずみんなもっと気楽に(いい意味で)結婚して、じゃんじゃか子ども増やしましょう!!!って感じです。

さいごに。

今日をもって、独身生活は終わりを告げます。好き勝手生きてきた今までの自分、バイバイ。楽しかったよ。

そして明日から、家庭をもち、新婚生活がはじまります。ふたりで好き勝手生きていくこれからの自分、コンニチワ。きっともっと楽しいよ。

ずーっと川に流されて生きてきましたが、これからも基本的には変わらないと思います。ひとりで流されていたのが、ふたりで流されるようになるだけ。そっちのほうが、ハプニングも楽しめるし、見える景色も綺麗だろうし、助け合うこともできる。

酸いも甘いもふたりで楽しんでいきます!

ブログをはじめて一ヶ月たらずの若輩者ですが、これからは夫婦ともどもよろしくお願いします。

スポンサードリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA